本文へスキップ

運転が苦手、運転が上手くなりたい、初めて車を運転するあなたに!

車を運転しちゃおう! › 技能教習 › 曲線コース(Sコース)の通り方

曲線コース(Sコース)の通り方狭路の通行

曲線コース(Sコース)の通り方





Sコースを練習していきましょう!

実際の道でSコースのような道はあまりありません

しかし道路状況によってもっと道幅が狭くなったり

もっと危険な道になったりします

そんな時でも安全に車を通行させるために

ここで練習しておきます

狭い道や危険な箇所を通るときに大事なのが

どこを見るのかと速度と車両感覚です

これをマスターすると運転が上手くなりますので

がんばって練習してください


まず速度です

これはあなたが安全に通れる速度を作り出してください

MT車の場合は半クラッチで走行したり

断続クラッチを使ってあなたが速く感じない速度を作ってください

AT車の場合はクリープ現象とブレーキを上手く使って

あなたが速く感じない速度を作ってください


次にどこを見るのかです

車には死角があります

下の写真で色が黒くなっているところは

白の車に乗っているときに見えなくなってしまうところです



Sコースに入ってしまってから前を見ても

もう後半部分しか見えなくなってしまいます



ですから見えなくなってしまう前に

Sコースに入りかけた時点でコースの前半部分は見ておいてください

見ると言っても車のすぐ前を一点見ても

上手には通れません

今車がいるところと見えているところは違います



一生懸命、車のすぐ前を見ても

見えているところと車の位置が違います

ですから見えている間にこれからあなたが通るコースが

どうなっているのかこの先どうなっているのかを見ます



カーブの曲がり具合や道幅などを見て

これからどうやって車を進ませるのかを頭の中でイメージします





そしてそのイメージに合わせて車を進ませます

後半部分も同じです

見えなくなってしまう前に後半部分のコースも見ておきます



そして頭の中でどうやって通るかイメージします

そのイメージに合わせて車を進ませます










あとは、車両感覚です^^

タイヤの位置は把握していますか?→タイヤの位置を把握しよう

内輪差や外輪差はどうですか?→写真で見る内輪差 →写真で見る外輪差


Sコースはきれいに通ればいいってわけではないです

Sコースで視野の捉え方や車両感覚、速度の調節の仕方など

たくさん運転して練習して身につけてください

がんばりましょう!