本文へスキップ

自動車保険の比較・一括見積 自動車保険は比較してかしこく安く加入する!

人身傷害補償保険とは?自動車保険の基礎知識

人身傷害補償保険とは、自分のための補償をしてくれる保険です。一般の自動車保険は事故の相手への補償に重点を置いているため、自分が被害者なのに損害額から過失分をして差し引かれます。そこで自分の割合に関係なく、契約した補償金額の中で実際の損害額をカバーしてくれる保険です。



人身傷害補償保険のメリットは?

  • 事故により自分や同乗者が死傷した場合に補償が受けられる。
  • 過失割合にかかわらず保険金が受け取れる
  • 交通事故の示談交渉を待たずに損害額が決定次第すみやかに保険金を受け取れる。
  • 治療費、休業損害、慰謝料など補償
  • 単独事故や当て逃げなども補償
  • 他人の車に乗っている場合も補償される。



人身傷害補償保険には、事故後の示談交渉を待たずに損害額が決定したら速やかに保険金を受け取れる点が一番のメリットといえるのではないでしょうか!

相手の過失割合が多い事故の場合、事故の示談が長引いて保険金がすぐに支払われず入院費や通院費など自己負担しなければならないケースもあります。しかし人身傷害補償保険に入っていれば示談交渉の結果を待たずに保険金を受け取ることができます。そして、事故の相手が自動車保険に入っていないという最悪のケースでも事故の損害額を受け取ることができます。

保険会社にもよりますが、自分や家族が歩行中に遭った自動車事故も補償してくれる保険もあります。


搭乗者傷害保険との違いは?

「人身傷害補償保険」と「搭乗者傷害保険」はどちらも、補償の対象は同じで事故でケガをした場合の補償もどちらにもよいところがあります。

人身傷害補償保険

自分だけじゃなく家族も事故に巻き込まれて死傷した場合補償される保険です。車に乗車中だけでなく歩行中も補償対象です。契約した補償金額の範囲で支払われます。

搭乗者損害保険

自分で契約した車に搭乗中の人が事故で、死傷した場合に補償される保険です。あらかじめ医療保険金の支払い基準があり、それに従って保険金が支払われます。


搭乗者損害保険の場合、支払額が決まっているのですぐに保険金受け取れますが、実際にかかった損害額を上回っても補償はされません。

人身傷害補償保険の場合、実際にかかった損害額を補償してくれますが、実際にかかった損害額が決まるまで保険金を受け取れません。


どちらも、いいところがありますので両方に入られるほうがおすすめです。


人身傷害補償保険は入った方がいいの?

人身傷害補償保険は入った方がいいと思います。しかし、補償がとても充実しているので、それだけ保険料が高くなってしまうのも人身傷害補償保険です。

死亡保障を低く設定すると保険料を抑えることができますので、検討してみてください。