本文へスキップ

自動車保険の比較・一括見積 自動車保険は比較してかしこく安く加入する!

事故の後は何をするの?交通事故の基礎知識

事故後の手続き

交通事故にあったら、まずは「交通事故証明書」の申請と保険会社へ連絡をします。

この「交通事故証明書」は、保険会社などへ事故が起こったという証明をするものです。これがないと、事故があったという証明ができないばかりでなく、保険金の請求すらできませんので、申請を忘れずに行います。


交通事故証明書の申請の仕方

各都道府県警察の中の一機関である「自動車安全運転センター」の発行する「交通事故証明書」の申請手続きの仕方です。「交通事故証明書」は保険会社に対して保険金を請求するのに使用します。

「交通事故証明書」の申請手続きは簡単で、事故の当事者または証明書の交付を受けることについて正当な利益を有するものは、であれば申請することができます。

だから、自動車保険に入っている人は保険会社の人が代理で申請してくれます。

交通事故証明書交付申請書は、全国どこの警察署や交番にも用紙がおいてあります。




交付申請用紙に必要事項を書いて、1通540円を郵便局で支払い、事故地を管轄する自動車安全運転センターに申し込めば発行してもらえます。

もしも、裁判などになりそうな場合は2.3通取り寄せてもいいかもしれません。あとコピーしておきましょうね!

この交通事故証明書は、加害者と被害者の過失割合などは書いてないです。単に交通事故の発生日時と場所、被害者と加害者の住所や名前、自賠責の有無などを証明するものです。

これは当たり前のことですが、交通事故が起きたときに、警察へ通報してなければ、「交通事故証明書」を発行してもらうことはできません。小さな事故でも警察へ通報しておかないと、保険会社にたいして保険金を請求することができなくなります。

交通事故はすごく、めんどくさいです。すごく気持ちはわかりますが、たとえどんなに軽い小さな事故でも、被害者、加害者ともにかならず警察へ届けましょうね。


保険会社へ連絡を!

交通事故にあったら、まずは自動車保険会社へ連絡しましょう!加害者はもちろんのこと被害者も自分が加入している保険会社へ交通事故の発生を知らせましょう!

知らせる内容は、保険番号と名前、事故の内容、損害内容、相手の自動車保険会社の名前、相手の名前などです。

保険会社への事故発生の通知は、60日以内にしてください。保険会社の契約内容を見ると、「事故の発生から60日以内に事故通知のない場合、原則として事故による損害を補てんしません。」となっている場合もあるので注意が必要です。