本文へスキップ

自動車保険の比較・一括見積 自動車保険は比較してかしこく安く加入する!

ノンフリート等級制度?20ランク?自動車保険の等級制度とは?

ノンフリート等級制度とは?

ノンフリートの契約の等級制度で、割引率や割増率に応じてランクわけされている。このランクを「等級」と呼びます。
ノンフリートとは「フリートではない」って言うことです。自動車を10台以上契約すると「フリート契約」になります。9台までの場合はフリートでない契約で「ノンフリート等級制度」が適用される自動車保険の契約になります。



保険料の割引率割増率に応じてランク分け


自動車保険の保険料って等級によって値段が違うんです。

たとえば、全然事故を起こしたことがない安全運転の人と、頻繁に事故を起こしている人が同じ保険料って公平性がないですよね。事故をしない人の保険料は安く、事故をした人は割増料金がかかる制度になります。

ノンフリート等級制度の「等級」は、1等級から20等級までの「20ランク」あります。20等級が一番割引率が高く「63%割引」になります。一番割増率が高いのが1等級で「64%割増」となります。

1等級が一番割増!20等級が一番割引!

この等級制度は、事故の内容によって等級が変わります。ノンフリート契約では通常1年間事故がなければ1等級アップします。しかし事故があれば3等級ダウンしたり1等級ダウンしたりします。

3等級ダウンの事故とは?

交通事故を起こしてしまったら、3等級ダウンの事故になります。
(人身事故、自損事故など)

1等級ダウンの事故とは?

車両の盗難や、飛び石での衝突、台風、洪水、竜巻などが該当します。


「ノーカウント事故」というものもあり、事故で保険を利用しても等級がダウンされません。人身傷害や搭乗者傷害のみを請求する場合やファミリーバイク特約、弁護士費用特約などの請求も該当します。


はじめて自動車保険に加入するとどこからスタート?


初めて自動車保険に加入すると、通常6等級からはじまります。

初めては6等級からスタート


たとえば、はじめて保険に加入し6等級からスタートしたとします。1年間無事故であれば、翌年は7等級へアップします。しかし、その次の年に交通事故を起こしてしまうと3等級ダウンをしていまい、4等級へアップします。


等級によってどれぐらい割引割増されるん?

ノンフリーと等級は「無事故等級」と「事故有等級」の2つがあります。無事故の方と事故をされた方では同じ等級でも割引率が違います。

  1等級 2等級 3等級 4等級 5等級 6等級 7等級 8等級 9等級 10等級
無事故 64% 28% 12% △2% △13% △19% △30% △40% △43% △45%
事故有 △20% △21% △22% △23%

  11等級 12等級 13等級 14等級 15等級 16等級 17等級 18等級 19等級 20等級
無事故 △47% △48% △49% △50% △51% △52% △53% △54% △55% △63%
事故有 △25% △27% △29% △31% △33% △36% △38% △40% △42% △44%

△は割引です。(△50%とは50%割引ってこと)

これを見るとわかりますね。同じ10等級でも無事故の方だと45%割引ですが、事故をした方は23%割引になります。

事故有の等級は3等級ダウンの事故の場合3年間適用され、1等級ダウンの事故の場合1年間適用されます。事故が2度以上あった場合最長で6年間適用されます。

割引率を考えると、少しの事故なら保険を適用しない方が値段が安く済む場合も出てくるかもしれません。少しの傷なら保険を使わずに自分で修理しようということです。

等級を下げるには、無事故を続けていくしか方法はありません。仕方のない事故もあるかもしれませんが、がんばって無事故を続けていくと割引率は自然と大きくなっていきます。