本文へスキップ

自動車保険の比較・一括見積 自動車保険は比較してかしこく安く加入する!

車両保険とは?自動車保険の基礎知識

車両保険にも種類がある

車両保険は、盗難、当て逃げ、自然災害などの修理代などを補償する保険です。たとえば、駐車場で当て逃げされた、落書きをされた、事故で車が壊れた、飛び石でガラスに傷がついたなどの場合に、設定した保険金額を限度に保険金が支払われます。



車両保険にも種類があって、

1.一般車両保険

契約車両に衝撃、接触、物の落下、火災、爆発、盗難、洪水、台風、その他などにより生じた事故の損害を補償してくれる保険です。

2.エコノミー車両保険+車両危険限定A

第3者の自動車との衝突や接触の事故で相手が確認された場合や、火災盗難、台風、洪水などにより契約車両に生じた損害を補償してくれる保険です。「車対車+A」とも言われています。

3.エコノミー車両保険

対3者の自動車との衝突や接触の事故で相手が確認された場合に限り、契約車両に生じた事故の損害を補償してくれる保険です。

  一般車両保険 エコノミー車両保険+車両危険限定A(車対車+A) エコノミー車両保険
相手がいる他車と衝突、追突、接触など
落書き、窓がラスの破損による損害 ×
落下物などによる車両損害 ×
自然災害、盗難などによる車両損害 ×
相手がわからない他車との衝突、接触、単独事故 × ×
当て逃げによる車両損害 × ×
※○は補償されます ×補償されません


車両保険はいくら出る?

「じゃあ、車両保険に入ったけどいくら補償されるん?」という疑問ですが、まず、車両保険の設定の範囲内でしか補償されません。たとえば、100万円の契約で実際の修理に150万円かかっても100万円しか支払われません。逆に、全損して車が動かなくなった場合でも、車両保険金額の全額が支払われるわけではありません。保険使用時には、その車両の時価総額しか支払われません。100万円で契約していても、時価総額が50万円の場合は、50万円しか支払われないのです。

「じゃあ、設定金額を高くしておけばいいんでしょ!!」とお思いになるかと思うのですが、車両保険はなかなか高いです。金額を高くするとそれだけ保険料も高くなります。高い割には、時価総額しか補償されないので、買ったとき300万円でも、5年経つと50万円ぐらいの価値になっていたりします。そこで事故になって車両保険を使っても50万円しか補償されないと納得のいかない結果が待っていたりします。

「じゃあ、どうしたらいいの?」なんですが、おすすめは新しい車を買ったのであれば車両保険に加入して、毎年車の価値をみながらある程度まで車を使用したのであれば車両保険に加入しないという方法です。


車両保険を使うと等級が下がる?

自動車保険には等級があって等級によって、保険料が加減されます。自損事故などで車が損害を受けて車両保険を使って車を修理すると等級がダウンします。

3等級ダウンの事故

電柱や建物に契約車をぶつけて車両保険が支払われるケース

1等級ダウンの事故

契約車を盗難されて車両保険が支払われるケース
自然災害で車両保険が支払われるケース
落書き、いたずらなどにより車両保険が支払われるケース

等級がダウンすると保険料が上がります。
運転していて壁にこすった事故で、修理費が10万円だった。このような事故の場合、車両保険を使用すると3等級ダウンで事故有の等級になるので保険料がグっとあがる可能性があります。その場合は、計算をして車両保険を使った方がお得なのか使わない方がいいのか考えた方がいいとおもいます。