本文へスキップ

自動車保険の比較・一括見積 自動車保険は比較してかしこく安く加入する!

交通事故が起こったら交通事故の基礎知識

まずは事実関係をはっきりさせる



交通事故は、いやなものですね。私も被害者になったことがありますが、カラダは痛いのに、いろいろめんどくさくて、大変いやな思いをしたことがあります。

交通事故に遭ってまずしなければならないことは、事実関係をはっきりさせることです。あいまいにしてしまうとあとで、「あ〜だった」とか「こ〜だった」とか、もめる原因になります。

事故における責任問題は絶対に起こります。被害者でも加害者でもついてまわります。

事実関係をしっかりしておくと後々もめる原因を取り除くことができます。
そのために一番大切なことは、交通事故現場にあります。


警察にまずは連絡を!

交通事故に遭ったらまずは警察に連絡しましょう!軽い事故の場合、警察に届けないなんてケースがありますが、警察に届けない交通事故にいいことなんて何もないです。警察にきちんと交通事故証明書を発行してもらうと保険を利用することができます。自分たちだけで解決なんてだめですよ!



交通事故の状況を残す

交通事故の場合、絶対に「どっちが悪かったのか!!」ということが起こります。ですから、警察を呼んで警察官が来るまでの間、事故現場の状況はできるだけそのままにしておきましょう!

しかし、そのままにしておくとほかの交通の妨げになったりさらに危険になるような場合は、道路の端に車を寄せたほうがいい場合もあります。そのような場合は、車を移動する前に携帯やスマホなどで交通事故の場面を写真に撮りましょう!そして目撃者などがいたらできるだけ警察の方が来られるまで現場にいてもらうようにしましょう!


車のナンバー、免許証、車検証などの確認

交通事故で、死傷した場合や車、建物などを壊された場合は、損害賠償を請求することができます。そのために、相手のナンバー、車種、車の特徴などをメモしましょう!当て逃げなどされないようにするためです。

そして相手の免許証などで本人の確認と電話番号などをメモしましょう!あとで警察に聞いても教えてくれません。救急車で運ばれて相手をしらないままになる場合も出てきます。事故で大変でしょうが聞いておく必要はあります。





自動車保険をまとめて一括比較