本文へスキップ

自動車保険の比較・一括見積 自動車保険は比較してかしこく安く加入する!

はじめての自動車保険自動車保険の見直し方

無制限、無制限、3000万円

はじめての自動車保険を選ぶときのコツです。




自動車保険がほかの保険と違うところは、使わない方がいい保険ということです。自動車保険は使わずに無事故でいればどんどん保険料が下がります。はじめは多少保険料が高いかもしれませんが無事故でいれば必ず保険料は下がります。ですから、本当に最小限必要な補償はしっかり押さえておきましょう!


対人補償保険 対物賠償保険 人身傷害保険
無制限 無制限 3000万円以上


この補償額は絶対です。もしも自分が加害者になってしまったとき、死傷させてしまった被害者にしっかりとした補償をする必要があります。

もちろん、自動車保険は安いほうがいいですが、この3つの補償を引き下げてまで安い自動車保険だと十分とは言えません。そもそも自動車保険に入る意味がありません。安心して車を運転するためにも、しっかりとした補償を備えておくことは、ドライバーとして当然のことだと思います。


対人補償保険は無制限

対人賠償保険は必ず無制限で加入をしましょう!今では、賠償額がどんどん上がっていて「数億円」の賠償額になることも珍しくなくなりました。


対物補償保険も無制限を!

対物賠償保険も無制限を選択しましょう!少し前は対物は2000万円あれば・・・なんて言われていました。節約家などは1500万円もあれば足りるようなことを言っているのを聞いたことがありますが、対物でも1億円を超える賠償金が発生していることもあります。無制限に加入しておきましょう!


人身傷害保険は3000万円以上を!

交通事故のとき一緒に車に乗っている人の補償として、人身傷害保険が必要になります。保険金額はいろいろ選べますが、3000万円あれば多くの事故の損害をカバーできるため、最低でも3000万円を選んでおけば安心だといえます。過失割合にかかわらず実際の損害額を保険金額を限度に補償してくれます。


はじめての自動車保険まとめ


交通事故で相手を死傷させた場合や、店や物を壊してしまった場合「数億円」になる賠償金が発生することも珍しくありません。絶対に「無制限」を選んでください。

そして、同乗者が死傷した時の「人身傷害保険」も必要です。保険金額を上限とした実際の損害額を過失割合にかかわらず補償してくれます。休業補償なども含めて保険金額が3000万円あれば多くの補償をカバーしてくれます。