本文へスキップ

自動車保険の比較・一括見積 自動車保険は比較してかしこく安く加入する!

人身傷害と搭乗者傷害の違いは?自動車保険のQ&A

「人身傷害」と「搭乗者傷害」の補償の対象は同じです

名前だけ見るとどちらも同じように見えますね。

どちらも、保険の対象となっている車に乗ってる同乗者全員のケガもちゃんと補償してくれます!





「人身傷害」「搭乗者傷害」どちらも、

運転者も一緒に乗っている人も補償対象

「人身傷害」は、運転者だけが補償されて同乗者のケガは補償されないようなイメージですが、一緒の車にのっている人みんな補償されます。

「搭乗者傷害」は、同乗者のケガは補償されて運転してる人は補償されないようなイメージですが、こちらも自分と一緒に乗っている人全員を補償してくれます。


じゃあ何が違うの?それは

支払われる保険金額の計算方法が違います

「人身傷害」は、実際の損害額が支払われます。

「搭乗者傷害」はあらかじめ契約で決められた金額が支払われます。


   支払われる保険金
 人身傷害  保険金額を上限とした実際の損害額を過失割合にかかわらず補償
(怪我の治療費や精神的損害など)
 搭乗者傷害  通院入院日数や後遺症の程度に応じて決められた金額を補償
(実際にかかった金額にかかわらず決められた金額)


「人身傷害」をセットしていれば、保険金額を上限として実際の損害額を補償してくれます。ですから、過失割合にかかわらず損害額を支払ってくれます。

しかし、「人身傷害」は、実際の損害額を補償してくれるため、原則として治療が終わってから保険金が支払われます。なので、治療費をまずは自分で支払うことになります。

逆に「搭乗者傷害」は、決められた金額が支払われますので保険金の受け取りがスムーズです。

ですから、おすすめはどちらも加入するほうが安心ですね。