本文へスキップ

運転が苦手、運転が上手くなりたい、初めて車を運転するあなたのためのサイトです

車を運転しちゃおう! › 技能教習 › 写真で見る外輪差

写真で見る外輪差カーブや曲がり角の通行

写真で見る外輪差


外輪差(がいりんさ)とは

ハンドルを切って後ろヘ進んだときの

後輪の通る所と前輪が通る所の差を言います


写真では後輪タイヤの横に竹の棒を置きました

ハンドルをいっぱいに切ってこのままバックしていきます



  前輪タイヤは

  竹の棒のどこを

  通るのでしょうか?





では、実際にバックしてみます





  じゃん!





 じゃん、じゃん!





 じゃん、じゃん、じゃん!!





 じゃ〜〜ん!!!


一番はじめの写真に戻ってみてみると






どうですか?思っていたところを通りましたか?


ハンドルを切った状態でバックをすると

後輪と前輪の通るところが違うことがわかりますね

これを外輪差と言います


そして車をバックさせている時に多い事故が、

外輪差によってバンパーをぶつける事故です






ハンドルを切ってバックして

バンパーをガリっって

やっちゃうんですよ^^;






バンパーは前輪タイヤよりも外側を通りますよ〜