本文へスキップ

運転が苦手、運転が上手くなりたい、初めて車を運転するあなたのためのサイトです

情報を上手く読み取る運転上達のコツ

情報を上手く読み取る


運転が初めての方や下手な方は、

道路の状況や情報を上手く読み取ることが出来ていません

あなたはどうですか?上手く読み取っていますか?

前を向いて前の状況だけを見ていませんか?

前の情報だけだと「いざっ!」という状況になったとき、

素早く安全に次の行動をとることが出来ません

運転が上手な人は予想外の状況になっても

素早く安全に対応していますよね^^

運転中に得られる情報は、前に見えているものだけではありませんよ!



運転が上手な人は前に見えている情報ももちろん見ているんですが、

体の色々な感覚も使って運転しているんです!

目で見える情報も前に進んでいるからって前からだけではありません

前進中でもルームミラーやサイドミラーを使って後ろの状況も見ています

後ろの情報を得ていると

後ろから急いで走ってくる車を把握出来たり、

すり抜けてくるバイクを早くから発見出来たり、パトカーを見つけたり・・・^^;

自分の未来を予測することが出来ますよ^^

もうすぐこんな状況になるなってわかるんです

「わかっている」と「わかっていない」では、

運転の上手さがかなり変わってきます

「いざっ!」という状況になったとき素早く行動することが出来ますからね^^


情報を得る方法は他にもありますよね^^

耳で聞く情報です

耳で自分の車のエンジン音や、近くを走っている車のエンジンの音、

緊急車両のサイレンの音や、ラジオからの道路状況を聞いたりもします

自分の車のエンジンの音で、平らな道だと思っていたのが、

実は坂道だったっていうのがわかるんですよ

上り坂だった場合、ギアが一段下がってエンジン音が変わります

そうするともう少しアクセルを踏み込んだほうがいいなって

速度計を見なくてもわかります


そして体の感覚も使ったりします

ハンドルからくる振動やシートを伝わって体にくる振動なんかも

運転にはとても大切な情報です

タイヤのパンクなどは走行中に目で見るのは無理ですよね

「ハンドルが取られるな、いつもと違うなと思ったら実はパンクしていた」

なんていうのもあります


はじめはすべての情報を得るのは難しいと思います

だけど意識して耳で聞いたり体の振動なども感じてみてください

視覚だけでなく聴覚や触覚など使って運転するんです

そうすると情報を上手く読み取ることができますよ^^

上手く読み取ることが出来れば運転がきっと上手くなるはずです!