本文へスキップ

運転が苦手、運転が上手くなりたい、初めて車を運転するあなたのためのサイトです

合図は出そう!運転上達のコツ

合図は出そう!


合図とは

方向指示器のことです

ウィンカーなんて呼び方もありますが




この合図意外と頑張り屋さんで

周りの車に自分の行動を教えてくれます


そして目立ち屋さんでもありまして

周りの車はこの合図のことを思ったよりも見ています



世の中走っていると以外にこの合図を

使い間違えている運転手を見かけます



例えば

信号が変わってから合図を出して曲がる人

合図もなしに進路変更をしてくる人

進路変更をした後消し忘れる人

などなど



経験はありませんか?

いきなり目の前に横から割り込みされて

かちんっ!!

ってきたこととか

いつまでも合図を出しっぱなしで

どこ曲がるねんっ!!

って思ったことございませんか?



免許を取ったときには誰でも勉強しているんですが

運転しているうちにすぐに忘れてしまう合図の時期

覚えていますか?



進路を変えるときは約3秒前

約3秒前なのは

進路を変えることに相手の方が気づく時間を作るため

そして

合図でお知らせした後

進路変更できるかどうかを確かめる時間を作るため


交差点を曲がるときは約30m手前

約30m手前なのは

交差点を曲がることをわかりやすくするため

早すぎると左に寄せるのと勘違いされちゃうかも!?

遅すぎると後ろの車がびっくりしちゃうかも!?



ちゃんとした合図をすることで

自分の行動を人にしっかり教えることができます

ちゃんと行動をつたえることで事故を防ぐこともできるし

周りから見ても安全な運転行動をとることができますよね

ちょっとした気遣いで

周りの車の動きが違って見えるかも!!