本文へスキップ

運転が苦手、運転が上手くなりたい、初めて車を運転するあなたのためのサイトです

ABSってなんじゃらほい?運転上達のコツ

ABSってなんじゃらほい?


いきなりですがABSって知ってますか?

なんのこっちゃ?ではよさがわかりませんよ!

ABSってすばらしい装置なんですから(≧▽≦)


車のカタログなんかには‘必ず’と言っていいほど出ています^^

見たことないですか?

最近では「ABS標準装備」でついててあたり前の機能になってます



ABSとはブレーキについている装置です

正式には

Antilock Brake Systemアンチロックブレーキシステムといいます

「A=あっと驚く B=ブレーキ S=システム」

なんぞ、言ってるやつもいますが。← これ、ウチの配偶者です^^;
                        確かにあっと驚きますけどね


ABSとは

急ブレーキをかけた時や滑りやすい道路で

ブレーキをかけた時タイヤがロックしてしまって

タイヤが滑ってしまうのを防止してくれます

ブレーキを踏んだままでも自動的にブレーキの解除と作動を

繰り返し行ってくれる装置のことを言います



  「タイヤのロックってなんじゃい!」と思った方へ

  ロックとは急ブレーキをかけたときに

  回転しているタイヤが突然止まってしまうこと

  キキーーっと音を鳴らしてしまうような止まり方のことです

  まるで西部警察のようなイメージです ←Σ(・ω・ノ)ノ古っ!!




急ブレーキをかけてタイヤがロックしてしまうと怖いんです

タイヤは止まっているのに車は動いているんですよ Σ(゚口゚;

これってわかりますか?

タイヤは止まっている状態でタイヤが滑っている

ハンドルを動かしても車は反応してくれなくなります

つまり制御不能です


そこで登場したのがABSなんですよ ♪(* ̄ー ̄)v


急ブレーキをかけながらハンドルが切れるんです

本来急ブレーキではタイヤそのものが滑っているので

タイヤが横に向いてもまっすぐに進んでしまいます


たとえばABSがついていない車では人が飛び出してきて

「危ない!!」と思いきりブレーキを踏んでもハンドルを切っても

タイヤが滑っているのでよけることができないんです

しかし、ABS付きの車はというと

急ブレーキをかけてもタイヤがロックしないので

ブレーキを思いっきりかけながら

ハンドルでよけることができるのです!!


そしてこのABSが作動すると

キックバックと言ってブレーキペダルがカタカタと動きます

これにびっくりしてブレーキペダルを放さないようにしましょう

ブレーキを踏み続けることで機能が発揮されるのです



ABSとはもしものときの安全装置なので

できるだけ使わないのが一番!

でも世の中何があるかはわからないものです

もし車を買うことがあったら思いっきり値段が安くても

ABSぐらいついててほしいですよね


最後にこのABSは「車を短く止める機械」ではないんです

よく勘違いされるみたいです

短く止まることは多いんですが必ずではありません

例えば氷の上なんかで急ブレーキをかけると

タイヤは滑るブレーキはかからないで

余計に止まる距離が長くなってしまいます

雪道なんかでは急ブレーキをかけなくてもいい走り方をしましょうね