本文へスキップ

運転が苦手、運転が上手くなりたい、初めて車を運転するあなたのためのサイトです

車を運転しちゃおう! › 技能教習 › 交差点左折のコツ

交差点左折のコツ交差点の通行

交差点左折のコツ


左折で多い事故は巻き込み事故です


巻き込み事故を防ぐには

スピードを落とすこと!

合図をキチンと出すこと!

しっかり確認をすること!

左側に二輪車が入ろうと思うような隙間を作らないこと!

この4つが大切です^^



特に確認では左のサイドミラーだけの確認にならないように!

ミラーには死角がありますので

必ず直接目で見て確認をしましょう!






これは左のサイドミラーの写真です


特に何も写っていませんね



でも実は・・・





隣にバイクがいました!!!


ミラーの死角にバイクが隠れていたんですね


確認はミラーだけに頼らずに

直接自分の目でも確認しましょう!



安全な左折をする手順は

曲がろうと思っている交差点から

だいたい30メートルぐらい手前で左に合図を出します。

そして自分の車の左側に二輪車などがいなか

確認してから車を左に寄せます


   車を左に寄せる理由は

   二輪車に入りたいと思わせる隙間を作らないためです


   それと後ろから来ている後続車に

   あなたの車が左折をすることをわからせることができます


左に寄せたまま、進んでいきます

せっかく寄せたのにまた離れてしまうと

二輪車に入り込む隙を与えてしまいますから注意です


そして速度を落として交差点に近づいていきます


ここからたくさん確認することがあります

何かあってもすぐに停まれる速度が大切です


交差点に近づいたら対向の右折車の動きに注意します

対向の右折車は左折車に比べて速い速度で曲がれるために

突っ込んでくることがあります



もちろん左折が優先ですが無理に突っ込んでくる車に対向して

無理やり曲がって事故になったら大変です!

右折が先に曲がろうとしていたら先に行かせましょう!


次に左を見ます

曲がろうとしている先を歩行者や自転車が渡っていないか

バイクなどがいないか確認してください



安全に曲がれると判断したら左折します

その時に内輪差を気にしすぎて

大まわりにならないようにしましょう!


内輪差を気にしすぎて大回りになり

隣を走っている車と事故になるケースもあります

左折は出来るだけ小さく曲がるのがコツです



左折は巻き込みの事故が本当に多いですから

左に何もないかの確認は絶対にしてくださいね