本文へスキップ

運転が苦手、運転が上手くなりたい、初めて車を運転するあなたのためのサイトです

車を運転しちゃおう! › 技能教習 › サイドブレーキとは?

サイドブレーキとは?自動車の機構と運転装置の取り扱い

サイドブレーキ


サイドブレーキって必ず車にはついていますよね?


このサイドブレーキ正式には

パーキングブレーキっていいます

サイドブレーキとは?



けどハンドブレーキなんて呼ばれたりもしてます


そもそもパーキングブレーキは

運転席と助手席の間にあることが多かったので

サイドブレーキと呼ばれるようになりました

その位置からどうしても手で操作することになるので

ハンドブレーキとも呼ばれます

しかし最近ほぼAT車で

パーキングブレーキの位置にはウォークスルースペースだったり

大型のBOXなどがあり

パーキングブレーキの位置はフットブレーキの横

左足で操作する位置にきています


なので今サイドブレーキやハンドブレーキなんて言い方は

時代遅れかも知れませんね





パーキングブレーキは名前の通り

駐車しているときに使うものです

走行中には基本的に使いません

なので制動力(止める力)はとても弱いです

ブレーキ自体も後輪二本にしか

かかっていません

止めている車を動かないようにするための

ブレーキなのです


と言うことは


足で踏むフットブレーキよりも当然

制動力は弱くなります

ちなみにフットブレーキは四本すべてにかかります



しかも・・・



フットブレーキは油圧ブレーキ(オイルを使う)なのに対して

パーキングブレーキはワイヤーで止めています



と言うことは・・・



ブレーキオイルがなくなっても

パーキングブレーキはちゃんと効くのです



ちなみにフットブレーキが壊れることは

なかなか無いことと思います

車の故障でももっとも危ない種類の故障なので

頑丈に作られている筈です

だって故障したら

走れるけど止まれない車ですもんね(**;)



ブレーキの故障にもいろいろありますが

オイル漏れの故障であれば

フットブレーキが効かない場合パーキングブレーキで

止めることができます



知っていて損はない知識ですよね



実は一回オイルが漏れてなくなっている車に

乗ったことがあるんですが

オイルがなくなっているとブレーキペダルを

踏んでもフニャフニャの感触なんです


さらにメーターにブレーキの警告灯が

[(〇)←こんなやつ、車によっては中に()がありますが・・・]

ついている筈です


でも気をつけてください


ブレーキの警告灯はパーキングブレーキが

効いている状態でも点灯します


パーキングブレーキを下ろしているにもかかわらず

警告灯が点灯していればオイル漏れです


パーキングブレーキが効いている状態で警告灯が

点灯するのは

そのまま走行すると

ブレーキが別の故障をするからです

教本なんかにも出てくる

フェード現象とベーパーロック現象です

この故障はブレーキがまったく効かなくなったりするので

かなり危険です

しかもこの故障では

ブレーキ警告灯が点灯しません



車の装置はそれぞれ使う場面が決まっています

使い方、構造を理解してると

もしものときの対応や

余計な故障を防ぐことができますよね



使い方を守って楽しく運転しましょう!