本文へスキップ

運転が苦手、運転が上手くなりたい、初めて車を運転するあなたのためのサイトです

車を運転しちゃおう! › 技能教習 › 車体の死角

車体の死角車の乗り降りと運転姿勢

車体の死角


死角とは見えない範囲のことを言います

車体の死角とは車体によって見えなくなっている範囲のことを言います

死角とは見えない範囲のことです


実際に運転席でハンドルを握って

見えているところがすべてじゃないんですよ

車のボディで隠れちゃってるんです


死角の範囲は人や車のサイズによってはさまざまですが

たとえば

教習車やタクシー等のセダンタイプの車で言うと

車体の死角について考えてみましょう


前で約5メートル、

後ろで約8メートル、

運転席側で約1メートル、

助手席側で約4メートルです


前5メートルとはどういうことかと言うと・・・

見えてるところと実際にいるところは違います
  これは

  運転席から見た写真です

  停止線があそこにありますね





停止線と車が近そうに感じますが

実際は5メートル以上離れています


運転席から見えているのは

5メートル以上向こうの景色ということです

5メートルとは車1台分以上離れていると言うことになります


もっとすごいのが後ろです


運転席から後ろを振り向いて見えている景色は

約8メートル以上向こうという事です

8メートルですから車約2台分ですね


車の死角って思っていた以上に実際は大きいです


残念なことにこの死角のために

実際たくさんの事故が起きています


たとえば

駐車場で子供を先に降ろして

車を車庫にいれようとバックしたところ子供と接触



目的地に子供を送り発進しようと動きだしたところ子供と接触


などなど


小さな子供がこの死角の事故に巻き込まれているんです!!


私も人の親なので

このようなニュースを見るたびに心が痛みます

そして

「何で確認せーへんねん!!!!」

と大声で叫んでしまいます


このような事故は確認さえしていれば防げていたかもしれない

あなたも事故を起こして

「きちんと確認さえしておけば・・・」

なんて言いたくたいですよね、後悔したくないですよね


特に死角の事故で多いのが

毎日していることでの事故です


送迎や車庫入れで事故が多発しています

毎日していることだから

いつもそこに誰もいないから・・・・と

油断しているのかもしれません


しかし車の死角の中に小さな子供は

すっぽりと隠れてしまいます


   子供って思ってもみないところで遊んでたりしますよね

   この間家の中で子供が見当たらないので探したら

   なんとゴミ箱の中でした

   何といっていいのやら・・・ ←うちのこだけ^^?


大人の発想とは違いますよね

だから車を動かす前には必ず確認しましょう


もしかしたら

あなたの車の下でも子どもが遊んでるかもしれませんよ

自宅の駐車場やスーパー等の

駐車場は気をつけたいですね

かくれんぼなどで子供が車の陰に隠れているかもしれません

見えない範囲は自分が思っている以上に大きいですよ


だからしっかり確認しましょう!


何十分もかかるわけではありません

確認なんてほんの数秒で終わるじゃないですか!

それをするだけで事故が防げるのですから

運転席から見えないところもしっかり確認しましょう!


車に乗り込む前には前と後ろの確認を!!

車庫入れをするときには

これから入れるところを前もって確認(進入路の確認)を!!


確認さえしっかりしておけば事故は防げます

運転席から見えているところが全てではありません

運転席から見えないところがあるんです

その見えないところに子どもなどは隠れてしまいます

しっかり確認しましょう!!