本文へスキップ

運転が苦手、運転が上手くなりたい、初めて車を運転するあなたに!

車を運転しちゃおう! › 技能教習 › S・クランクの上達法(通り方の理論)

S・クランクの上達法(通り方の理論)狭路の通行

S・クランクの上達法(通り方の理論)


教習所で苦労している人も多いのではないですか?


S・クランク!!





教習一段階で苦労する項目NO.1と言っても

過言ではないこの内容!!

うまく通るためには目標と考え方を知っておくべきなのです!!



まず、S・クランクは何のために通っているかと言うと

狭い道を通るためではなく

狭い道において車両感覚を身につけ

適切な速度と進路が選べるようになること


を目標としています

運転の教本などにも書いていると思います



S・クランクは

「周りに車をぶつけないように走る練習」

ではなく

車両感覚を身に付ける場所

なのです


例えば車が乗り上がっちゃったりしても

車がポールにあたっちゃったりしてもいいんです


ここまでいくと当たるんだという感覚が

身につけばいいのです  (◎^∇^◎)



車両感覚を身につけるためには

見てない場所をなくすくとです


どういうことかというと

目線が一箇所に集中しすぎて

当たる角やらポールなんかを見てなかったりします


教本でもう一度確かめてみてください


1段階項目11の内容


まず、第一に「道路の形状の捉え方」

次に「視点・視野の取り方」となっていませんか?


そう、車は進む道がわからないと誘導ができません

まずは道の形を知りましょう(>^_^<☆!)

道をすべて見通すのです

見てない道を通るのは難しいですよ



大事なのは車の死角に入る前に形状を捉えること

そして行く先でどこに車を持って行きたいか

(右よりなのか左よりなのか)を見ておくこと


道の形がわかれば車の進路も決めることができ

ハンドルも勝手についてくるはずです(≧∇≦)


免許を取ってからも車両感覚がきっちり身についているのと

身についていないのとでは上達の仕方が全然ちがいます


目印教習でポールの何本目でハンドルを切るとかで

免許を取得してもその後困るのはあなたですよ


教習所に通っている間にしっかり身につけちゃってください!