本文へスキップ

車を上手く運転しちゃおう!は自動車の運転、運転免許証など運転を専門としています

                             |サイトマップ


車を運転しちゃおう! › 技能教習 › MT車発進の仕方

MT車を運転しちゃおう!〜発進編〜発進と停止

半クラッチをマスターすれば、簡単MT車発進!


MT車の発進はAT車よりも少しやっかいですね

けど慣れるとなんてことないですよ ←MT車大好き(^0^)/






発進するときのイメージは

クラッチをポンと踏んで、

チェンジレバーをカチカチと動かして、

アクセルを軽くブーと踏み

クラッチをスー、ピタッ、スーとあげる感じです


スー、ピタッ、スーは、自動扉だと思ってください


ダッシュで自動扉の前まで行き  ←スー

開くまでちょっと待って      ←ピタッ

開いたらまたダッシュ        ←スー

↑イメージは大切ですよ!^^


スー、ピタッ、スーのイメージをしっかりつかんでください!!


発進のイメージがつかめたら

次はアクセルを踏む量を把握します


発進のときアクセルを踏まなくても、

エンジンのアイドリングだけで発進できるって知ってますか?

初めての人はよくアクセルを踏みすぎます

エンジンが ぶい〜ん!!! って悲鳴をあげるぐらい踏んだりしてます


エンジンがかかっていて、動いています

無理やりアクセルを踏んでエンジンの回転を上げなくても

クラッチをつなぐと車は発進します

エンジンがかかっているその力だけでも発進できるんですよ


私は道路が渋滞していてトロトロ走るときは

クラッチ操作だけで発進したりします

ただアクセルを踏んでいないエンジンの回転力は

すごく小さいですから

ゆっくりの速度でしか発進できません

↑だから渋滞中にはいいですよ^^


普段の運転であんな渋滞中ぐらいゆっくり発進してたら

周りにとても迷惑です

だから少〜しアクセルを踏んであげて力を加えます

めっちゃ踏む必要はないんですよ

いきなり時速100キロを出すわけではないんです

重たい車を動かすだけのパワーを

タイヤに伝えてあげるだけでいいです






アクセルを踏む量は

だいたいエンジンの回転計で2000回転ぐらいが

発進の時の目安と言われています

けどエンジンの回転計ばかりみていると

全然上手くならないですよ

車の周りの状況を見ていなくて危ないですし

車がいつ動き出したのか見てないからわからないですよね


だからあなたの耳で2000回転を覚えちゃいましょう!

2000回転はエンジンの音が軽くブーと言う感じなのです

これは自分でつかんでくださいね

教習所はそれを練習するところですから

たくさん練習してください

これをつかむと運転が楽になり、上手くなります

2000回転を超えると音が高くなりますので

つかみやすいと思います

がんばって練習してください





何度も言いますが

アクセルを踏むのは踏みますが軽くですよ!

アクセルを踏まないといけないと

踏みすぎてしまうと失敗しますよ




次に発進のときギアをローに入れますね




ローギアでなくても車は発進できます

どのギアでも発進できます

バスとか大きな車はセカンドから発進してたりします



ギアですが

ローが1です 

セカンドが2 

サードが3 

トップが4 

オーバートップが5です


これは車のギアの数によって違います

また違うところでお話します

教習車はこれが多いと思いますのでこれで話していきますね



ギア付きの自転車に乗ったことがありますか?

ペダルがすごく重たいのから軽いのまでありますよね


ペダルが重たいのは発進には不向きですが

スピードを出すにはいいですよね


ペダルが軽いのはスピードを出そうと思ったら

すごく漕がないといけませんが

発進のときや上り坂では楽チンですよね



車のギアも同じような感じです


ペダルがすごく重たいのがオーバートップギアで

ペダルがすごく軽いのがローギアです


オーバートップギアで発進すると

めっちゃめっさゆっくりです^^

ペダルが重たいですから

スピードが出るのにすごく時間がかかります


ローギアで発進してそのままギアチェンジしないで

アクセルを踏んでもエンジンの回転があがるだけで

一定スピードまでしか出ません


軽いペダルのまま必死にこいでも

スピードには限界がありますよね

ギアの1〜5でだんだんペダルの重さが重たくなってくる感じですね


車を発進させようとおもったらローギアで発進するのが

一番いいですよ、楽です!



なんとなくわかってもらえたところで


発進手順を説明します


クラッチペダルを踏んでエンジンをかける

安全のためにクラッチスタートシステムが付いてます

クラッチを踏まないとエンジンがかからないシステムです


ギアをローに入れる


アクセルを踏んでエンジンの回転を上げてあげる


アクセルを軽く踏んだまま


踏んでいるクラッチをゆっくり上げていくと


エンジンの音が変化するところがあります


タイヤにエンジンの動力が伝わりはじめるんですよ


タイヤに伝わりはじめると


エンジンの回転も低くなるので音が変わります


ここが半クラッチです


この状態になると車が徐々に動き始める=タイヤが回り始める


ゆっくりタイヤにエンジンの回転を伝えますので


しばらくそのまま止めて置きます



そしてクラッチを離していくと


上手に発進できますよ


半クラッチはエンジンの回転とタイヤの回転を

合わせてあげることですから

エンジンの回転とタイヤの回転がまだ合ってないのに

クラッチペダルを戻してしますと

ガッタンゴットンとなります


何度も練習するとすぐに上手くなりますよ


慣れてくると音の変化や車の動きかたなどで


すぐに半クラッチの位置がわかります



初めてでいきなり上手に発進するのはむずかしいです


失敗して当たり前ですから


たくさん練習してください


すぐに上手になりますから



最後に


クラッチをきちんと踏めてますか?




クラッチはかかとをつけて操作しませんよ!


足の指の付け根ぐらいをペダルの真ん中に置き


クラッチはひざの曲げ伸ばしで操作します


かかとをつけている方は気をつけてくださいね^^




バナー

スペース




所内教習
1.車の乗り降りと運転姿勢
  ・車の乗り降りと運転姿勢
  ・車体の死角
2.自動車の機構と運転装置の取り扱い
  ・クラッチ    ・ブレーキ
  ・アクセル    ・ハンドル
  ・サイドブレーキ ・ライトスイッチ
  ・ワイパースイッチイモビライザー
3.発進と停止
  ・半クラッチのコツ|クラッチになってみる
  ・MT車(マニュアル車)の発進の仕方
  ・AT車(オートマッチック車)の発進の仕方
4.速度の調節
  ・速度調節の仕方
5.走行位置と進路
  ・タイヤの位置を把握しよう
  ・どこを見たらいいの?視線
  ・肩や手の力を抜こう
6.時期をとらえた発進と加速
  ・左端からの発進と加速の仕方
  ・ミラーの死角
7.目標に合わせた停止
  ・左端に車を停める
8.カ−ブや曲がり角の通行
  ・写真で見る内輪差
  ・写真で見る外輪差
9.坂道の通行
  ・坂道の通行の仕方
  ・MT車の坂道発進
  ・AT車の坂道発進
10.後退
  ・前進とバックの違い
11.狭路の通行
  ・S・クランクの上達法(通り方の理論)
  ・曲線コース(Sコース)の通り方
  ・屈曲コース(クランクコース)の通り方
12.通行位置の選択と進路変更 
  ・車の通行位置
  ・写真で見る車線変更
13.障害物への対応
  ・障害物への対応
14.標識・標示に従った走行
  ・標識・標示を覚えるコツ
15.信号に従った走行
  ・信号の本当の意味
16.交差点の通行(直進)
  ・交差点の通行(直進)
17.交差点の通行(左折)
  ・交差点の通行(左折)
18.交差点の通行(右折)
  ・交差点の通行(右折)
19.見通しの悪い交差点の通行
  ・見えない時は見る努力をする
20.踏切の通過
  ・踏切の通過
21.オ−トマチック車の運転(MT車のみ)
  ・オートマチック車の運転(MT車のみ)
22.オ−トマチック車の急加速と急発進時の措置(AT科では21項目)
  ・AT車の急加速と急発進
23.教習効果の確認(みきわめ)
  ・みきわめについて

路上教習
1.路上運転にあたっての注意と路上運転前の準備
  ・路上運転の注意!
2.交通の流れに合わせた走行
  ・周囲の流れに乗る
  ・速度にあわせた車間距離のとり方
3.適切な走行位置
  ・車の通行位置
4.進路変更
  ・写真で見る車線変更
5.信号、標識・標示などに従った運転
  ・信号の予測の仕方(黄色信号)
6.交差点の通行
  ・交差点直進のコツ
  ・交差点左折のコツ
  ・交差点右折のコツ
7.歩行者などの保護
  ・歩行者に注意
8.道路および交通の状況に合わせた運転
  ・追い越しの仕方、追い越され方
  ・渋滞時の運転の仕方
9.駐・停車
  ・駐・停車の方法
10.方向変換、縦列駐車
  ・方向変換
  ・縦列駐車
11.急ブレ−キ
  ・急ブレーキと回避
12.自主経路設定
  ・自主経路設定の仕方
13.危険を予測した運転
 ・HONDA安全運転普及活動危険予測トレーニング
14.高速道路での運転
  ・高速道路にある施設
  ・高速道路運転のコツ
15.特別項目
  ・特別項目とは?
16.教習効果の確認(みきわめ)
  ・みきわめについて
学科教習
学科教習第1段階
学科教習第2段階
・学科試験合格のポイント
技能検定
・技能検定について
修了検定について
卒業検定について