本文へスキップ

運転が苦手、運転が上手くなりたい、初めて車を運転するあなたのためのサイトです

車を運転しちゃおう! › 技能教習 › ライトスイッチとは?

ライトスイッチとは?自動車の機構と運転装置の取り扱い

ライトスイッチ


ライトスイッチって知ってますか?

もちろん知ってますよね!

そうそう方向指示器とかのヤツです!!



このライトスイッチいろいろな方向に動いちゃうんです



まず、ライトスイッチ場所は一般的にハンドルの右側にあります

私乗ったことはないですが

左ハンドルでは左側に

ごく一部の外国産の車などは別の場所に付いているものもあります

なので左ハンドルしか乗ったことのない人は

たまに右ハンドルに乗ると指示器とワイパースイッチを

間違えちゃうらしいです(^−^)



して、このライトスイッチ

実はほとんどのライトが

これ一本で操作できちゃいます



まずよく使うのが方向指示器

スイッチのレバーを上げると左に

下げると右に方向指示器が出ます

この方向指示器をよくウィンカーと言ったりします

(ウィンカーって実は英語ではないんです!!

英語ではturn signalって言うんです、豆知識でした)

右や左に曲がったり進路を変えるときに使いますよね

これは嫌でも教習所で使うのですぐ覚えると思います



次に夜などに前を見るためだったり

車の存在をアピールするために使うライトのつけ方



教習所でも夜に教習をよく受ける方なら知っていると思いますが

レバーをつまんで回すとライトがつきます

このライト2段階に回すようになっていて

1段目回すと車の前後の薄いライトがつきます

主に薄暗くなったときに使用します

真昼間でも雨などで前が見にくい時などでも使います

2段目まで回すとヘッドライトがつきます

ヘッドライトは前を見るための明るいライトです

1段目のライトにプラスしてつきます


ヘッドライトには上向き、下向きがありまして

その操作もなんと同じレバーを使います

上のようにヘッドライトをつけた状態で

今度はレバーを奥に押し込みます

そんなに力はいらないので指で軽く押しましょうね

奥に押し込むとヘッドライトが上向きに点灯します

上向きにするとメーターにも青いライトマークが点灯してるはずです


ライトは上向きで約100m、下向きで約40mてらします

通常は上向きで走行するものですが

対向車や前に車がいるときなどは

まぶしいので下向きにしましょう

マナーですよ



次にパッシングの方法です

道を譲るときなどに使うライトをチカチカさせる方法です

ライトがついているついていない関係なくレバーを手前に引っ張ります

引っ張っている間だけライトが上向きに点灯します

手を放すと消えます

主に対向右折車に対し道を譲るときに使いますが

他にも使い方があります

見通しの悪い交差点で車が近づいてることを知らせるとき

追い越し車線で前の車が遅いので左に寄ってほしいとき

飛び出してきそうなので危ないから出てくるなと知らせるとき

などが使うタイミングです



ライトスイッチは上下左右、回す、奥、手前

といろいろな方法で操作します

どれも車の運転の中では大事な合図です

いうなれば車のアイコンタクトになります

もちろん間違って出したり

必要ないのにつけたりすると迷惑になります

ひどければ事故のもとになります

必要な場所で必要な合図

タイミングよく使えるようにしておきましょう



おまけにもう1つハザードスイッチを紹介しておきます

 

形は四角いのや丸いのがありますが、赤色で2重の△が描かれています

ハザードスイッチを押すとウインカーが4つとも点灯します

主な使い方は駐停車していることを知らせるときに使いますが、

高速など前方渋滞してるとき後ろから来る車に

「速度を落とします」「停まります」などの合図に使用します

急に速度を落として追突されてされたら危ないですからね^^


あと「ありがとう」の意味で使われるときがあります

道を譲ってあげたときに前の車が、チカチカしたら

ありがとうの意味だと思ってくださいね^^