本文へスキップ

運転が苦手、運転が上手くなりたい、初めて車を運転するあなたに!

車を運転しちゃおう! › 技能教習 › イモビライザーとは?

イモビライザーとは?自動車の機構と運転装置の取り扱い

イモビライザー


車購入の時にひょっとしたら聞くかもしれないこの名前。。。

車の構造に興味のない方は「関係ないや」と思ってしまいそうですが・・・


ちょっと待った!!


イモビライザーは大事な大事な車を守ってくれる

盗難防止装置なのです

自動車の盗難防止装置のイモビライザー

普通の車は鍵がありますよね

鍵の山とキーシリンダーの山が一致すれば鍵は開くし

エンジンもかかります


ところがこのイモビライザー付きの車は

キーの中と車本体に電子チップのようなものを

埋め込んでおり電子的な暗号が一致しなければ

エンジンがかからないしくみになっているのです


これによりテレビなどでたまに見かける

ハンドルあたりから配線を出して

バチバチっとエンジンがかかってしまう盗難は

理論上、不可能になりました



イモビライザーのメリット

エンジンがかからないので

持ち去りの盗難に有効です



もちろんデメリットもあります

ドアのロックはイモビライザーが関係ないところなので

開いてしまいます

さらにはガラスを割るなどの車上荒らしなどの盗難には

まったく効きません

合鍵を作るのも電子チップを入れないといけないので

簡単には作れません



イモビライザーは

少し前まで持ち去りの盗難が多い

高級車にしかついてない装置だったのですが

最近はミニバンなどにもよく使われています



一番いいのは盗難がなくなることなんですが

なかなか最近そうも言ってられませんよね

自分の車を守るために

つけておきたい盗難防止の種類も知っておきましょう!

やっぱりイモビライザーがついていても

音の出る盗難防止を併用したほうが盗難に対しては

有効だと思います

100%盗難を防げるわけではないのですが

ちょっとでも安心したいですよね。。。