本文へスキップ

運転が苦手、運転が上手くなりたい、初めて車を運転するあなたのためのサイトです

車を運転しちゃおう! › 技能教習 › ハンドルとは?

ハンドルとは?自動車の機構と運転装置の取り扱い

ハンドル


クルクルっと回すハンドル


ハンドル

自転車や二輪車(原付も含む)のハンドルと車のハンドルでは

大きな違いがあります



二輪車などはハンドルと前輪タイヤが同じ動きをしますが

車はそうではないですよね


この違いが車を初めて乗ったときに難しく感じさせる原因でもあります


ハンドルの切れ角は車によって違いがありますが

もちろん二輪車などのようには動きません

もし二輪と同じ作りにするととってもハンドルはすごく重たくなります


でもF-1などレースで使う車はハンドルとタイヤが同じだったりします

ゲームセンターなんかのレースゲームなんかはハンドルとタイヤが

同じ動きをしますよね


もちろん実際のレース車両よりゲームセンターのハンドルは

軽いですけどね





タイヤの動きをイメージしてハンドルを動かすといいかもしれません

ハンドルを動かしてみて一回転ではタイヤはどれぐらい傾くのか

車はどの方向に動くのか

タイヤのイメージがつかめるとハンドルは気にならなくなると思います







最近の新しい車は指一本でもハンドルが回っちゃいます

パワーステアリングのおかげなんです

このパワーステアリング実は優れものでして

このパワーステアリングがなければものすご〜〜〜くハンドルは

重たいのです!!

女性の力では動かないぐらいです

体験してみたい方はエンジンを切った状態でキーを

OFFにしてハンドルを回してみてください

本当のハンドルの重さはこの状態の重さなんです



パワーステアリング(略してパワステ)は油圧式と電子制御式があります

使っている感覚にはあまり差がないとは思いますが



AT車で油圧式の場合ハンドルを操作した時に多少エンジン回転が

上がる事があるのでクリープ現象が激しくなる場合があります

電子制御式のほうが新しい機構なんです



MT車の方はS・クランクなんかでハンドルを

いっぱいいっぱい切ったときのエンストに注意しましょう

ハンドルをいっぱい切ったときエンジンには負担がかかります

回転が落ちることがありますよ





もし古い中古車を買うのであればひょっとするとパワステなし

なんてこともあるかもしれません





しかし怖いのは急にこのパワステが故障したとき!!

いきなりハンドルが重たくなります

でもがんばって回すと回ります

停止状態よりも走行中は摩擦の関係で重さも少しマシになります



壊れた状態でも走行は可能ですが

一回そのまま車庫入れをすると嫌になって

直そうと思うはずです



車のハンドルにはこんな機能が付いていたのです



昔の車はタイヤが細かったので

摩擦の関係で何とかハンドルは回ったものですが

最近の車は性能の向上や走行時の安定性などの問題から

タイヤが太くなっているので

とてもパワステなしではやってられません

古い車を買うときはそんなことも頭において置いてくださいね