本文へスキップ

運転が苦手、運転が上手くなりたい、初めて車を運転するあなたに!

車を運転しちゃおう! › 技能教習 › クラッチとは?

クラッチとは?自動車の機構と運転装置の取り扱い

クラッチ


マニュアル車で免許を取得を目指しているあなた!

クラッチに困っていませんか?

一番最初に難しく感じる装置がクラッチではないでしょうか?




ちょっと離すのが早ければエンスト・・・カクカク・・・ガッタンガッタン・・・

しかぁ〜〜〜し!!!!!

このクラッチ実は運転中本来は使わないものなのです

運転初心者はクラッチを必要以上に使いすぎているのです

上手く使うためにはクラッチのしくみを理解しましょう


クラッチはエンジンとタイヤの間にあります

板が二枚くっついたり離れたりしています

エンジンの動力をタイヤに伝えたり(くっつく)伝えなかったり(離れる)

クラッチを踏むと板が離れてエンジンの動力がタイヤに伝わらなくて

クラッチを離すと板がくっついてエンジンの動力がタイヤに伝わる

やっていることはそれだけ・・・

役目はエンジンの動力をタイヤに伝えるか伝えないかを決めるだけ

クラッチが必要なのは3つのタイミング・・・それ以外は使いません


第1・発進

そもそもタイヤの上には約1.5トンもの車体が乗っかっています

コレを動かすのだからエンジンは大変

相当の力がいります

壊れた車を人がおしているのを見たことありますか?

車は人が押しても動くんですよ

知ってましたか?これを知らない方がけっこういる

だってタイヤは丸いですよね

もちろんきちんと駐車措置をしている車は押しても動かないですよ

逆に言うと駐車措置をきちんとしてないと車は動いちゃいます!!

話がそれましたが・・・

そうタイヤは丸いので押すと動きます

では、ボブ・サップのような怪力でパンチをしたら・・・

車はベッコリへこんでしまいます

わかりますか?

ゆっくりの力で押すと車は動くけれどいきなり力が加わると凹むだけです

そう、エンジンの力もゆっくり伝えてあげることが大事なのです

それをするのが半クラッチ

エンジンをかけるときクラッチペダルは踏んでいるはず・・・

これは先に書いた

二枚の板が離れた状態=エンジンの動力を伝えない状態です

エンジンとタイヤは離れています

クラッチペダルを離していくと

二枚の板がこすれる状態になります

これが半クラッチです

この状態になると車が徐々に動き始めます=タイヤが回り始めます

タイヤがエンジンと同じ回転になったらクラッチの役目は終了です

後はアクセルとブレーキで速度を調節します


第2・ギアチェンジ

走行最中ギアの歯車はしっかりかみ合って

約1・5トンの車体を動かしています

その歯車をはずして別の歯車をかみ合わそうと言うのだから

エンジンの力がかかっていると

歯車がかみ合いにくくなってしまいます

その力をかけないようにするのがクラッチ

エンジンの力がかからない状態でスムーズにギヤを変えるために

クラッチを使います


第3・ブレーキ

減速か停止のためにブレーキをかけますよね

ブレーキはタイヤを止めます

タイヤを止めるとつながっているエンジンも止まろうとします

それは困る・・・エンジンは回しておきたい

というときにクラッチの出番です

クラッチはエンジンとタイヤを切り離します

てことはブレーキでタイヤをとめ

かつ、エンジンを回すことが出来るのです



以上の3つのタイミングでしかクラッチは使いません

要は、

エンジンとタイヤに回転差が生じた場合のみクラッチを使用します

クラッチはエンストさせないために常に使うものと思っていませんか?

ブレーキ=クラッチは踏んでおくものと思っていませんか?

速度の上げ下げだけではクラッチは使いません

発進のとき、ギアチェンジのとき、ブレーキをかけるとき、

エンジンとタイヤの回転差を調節するためにのみクラッチは使います

この回転差がないときは左足には気を使わなくていいんですよ^^