本文へスキップ

運転が苦手、運転が上手くなりたい、初めて車を運転するあなたに!

車を運転しちゃおう! › 技能教習 › アクセルとは?

アクセルとは?自動車の機構と運転装置の取り扱い

アクセル


車を元気に走らせる装置「アクセル」の話

アクセルペダル



アクセルは四輪車の場合一番右についているペダルのことを言います

二輪車は右手のハンドルのグリップのことです

アクセルの役目はエンジンの回転を変えることです

アクセルペダルを踏むとエンジンの回転が上がり

スピードが速くなるしくみになっています

ペダルを強く踏むと一気にエンジンの回転が上がります

ペダルを弱く踏むとジワッとエンジンの回転が上がります


アクセルはワイヤーでエンジンとつながってる場合が多く

わりとペダルの動きはダイレクトに伝わってくれるものです

二輪車が扱うの手に比べると四輪車の場合はの足で使うので

慣れるまで難しく感じるでしょう


また、アクセルを踏むことを「開ける」ともいいます

なぜ「開ける」というのでしょうか

それはアクセルを踏むとことによって

エンジンに入っていく空気の通り道を広げるからなのです

空気の通り道を「開ける」の意味だったんです

この通り道が広がると

エンジンが一回に使う量の空気が速く入ります

すると通り道が狭いときに比べ時間が短縮できるので

エンジンの回転が速くなるしくみなのです



空気の量が多いともちろん使うガソリンも多いので

アクセルの多用は燃費を悪くします

広く捉えれば環境破壊です

このアクセル意識して抑えることで燃費をあげることができます


なるべくアクセルを使いすぎないようにしたいものですね

意味のない空ぶかしや必要以上の加速はお金を捨てるようなもの

ちょっとしたしくみがわかると考え方も変わりますよね



普段の運転からちょっとしたECO始めてみませんか?