本文へスキップ

運転が苦手、運転が上手くなりたい、初めて車を運転するあなたのためのサイトです

取消処分者講習制度講習制度

取消処分者講習


過去に運転免許の拒否もしくは取消(再試験の取消を除きます)または6ヵ月を超える期間の運転の禁止の処分を受けたものが、欠格期間経過後運転免許試験を再び受けようとすろときは、過去1年以内に公安委員会が行う取消処分者講習を受講していなければ、運転免許試験を受けることができません。


免許の拒否もしくは取消(再試験の取消をのぞく)処分を受けたものの多くがその後再び免許を取得していること、そしてそれらの者の運転免許取得後の交通事後率が運転者全体のそれと比べて著しく高いのが実情です。

なので、このように危険性が高いものについては、再び免許を受けようとする段階でこれを選別できたらいいのだが、現行の免許試験制度では選別、判定することは困難です。」

そこで、取り消し処分を受けたものに対して、適切な再教育を施し、自分の特性を踏まえた運転ができるような教育を受けさせ、道路交通の場に復帰させるのが求められている。


この取消処分者講習は、処分をされた者の申出で行われ、

○運転者としての資質の向上に関すること
○自動車等の運転について必要な適性について

講習計画に基づいて、教本、自動車等、運転シミュレーター、運転適性検査機材、視聴覚教材等を用いて、
13時間(2日間)行うものとされている。