自動車教習所

車線変更のコツ【誰にもナイショの運転教本】

ぱんだ先生

車の運転を始めたばかりの初心者ドライバーにとって、車線変更は緊張する操作の一つでしょう。

一見単純に思えるこの動作も、適切な手順と注意が求められるものです。

このサイトでは、初心者ドライバーが安全かつスムーズに車線変更を行うための基本的なコツとテクニックを解説します。

初心者のための車線変更マスターガイド

まっすぐな直線の道路を走行している車

車線変更は日常の運転中に頻繁に行われる動作ですが、他の車や歩行者との距離を適切に判断し、周りの状況を的確に把握することが必要です。このガイドを通して、車線変更の基本をしっかりと身につけ、安全で快適な運転を実現しましょう。

次のセクションでは、車線変更時の基本的な手順から、よくある初心者のミスとその対策方法について詳しく説明していきます。

車線変更は初心者ドライバーにとって一つの大きなハードルです。以下のステップに沿って、安全かつスムーズな車線変更をマスターしましょう。

車線変更の基本的な手順

ミラーを活用し安全確認をする

右のドアミラーに車が映っている

安全確認は、余裕のある早い時期から行うことがコツです。

順序良く、素早く確認を行います!

合図を出す

合図を出している車

方向指示器で合図を出します。合図は相手に伝わってこその合図です。

合図が周囲に伝わるには、3秒ぐらいの時間が必要です。

ポイント

車線変更する時には3秒前には合図を出しましょう!

ドアミラーや目視でもう一度安全確認

すり抜けをしている二輪車

ミラーに何も映っていないと思っていても、ミラーの死角に二輪車(バイク)などがいるかもしれません。見落とすと大変なことになります。必ず直接目で死角部分を確かめてから行動をしましょう!

緩やかに変更をする

後ろから来ている車の距離や速度を確認しましょう!

安全に車線変更をするには、自分と後車の距離や速度の関係を正しくつかむことが必要です。

右のドアミラーを確認する

後車と距離があるとき

安全確認のあと、速度を保ったまま車線変更をする。(場合によっては加速をする)

ドアミラーに車が近づく前
ドアミラーを確認すると車が近づいているのがわかる

ミラーで確認をしたときに、後車が近い場合は何度もミラーを確認し、大きくなった場合はやり過ごす

ドアミラーを見ると車が通りすぎたのがわかる

後車と距離がないとき

速度を落としたり、後車をやり過ごす

車線変更の基本手順のまとめ

ドアミラーを確認すると車がいないことがわかる

車線変更は日常的な運転操作の一つです。

運転に慣れていない時は難しくかんじるかもしれません。

しかし、正しい手順を意識して継続的に練習することで自然と身についていく技術です。

常に周囲の安全を確認しながら、冷静な判断と須佐で運転のスキルを向上させていきましょう。

安全運転を心掛けて運転練習をがんばりましょう!

ポイント

しっかりと意思表示のために合図を出し、ミラーの確認は1度でなく何度も見ること!

合わせて読みたい

-自動車教習所
-, , , ,