本文へスキップ

運転が苦手、運転が上手くなりたい、初めて車を運転するあなたのためのサイトです

AT車の安全装置運転上達のコツ

AT車の安全装置


AT車についている安全装置を知っときましょ!

これ知らなくて、デート中に焦ったことがあるんです



AT車=automatic transmission(オートマチックトランスミッション)

自動でエンジンの回転や速度に合わせてギアを変えてくれて

アクセルペダルで変速ができる車です


便利な機能が増えると増えてしまうのが

操作間違いでの事故です


それを防ぐためにAT車には安全装置がついてます

安全装置を知っておかなければ車が動かないことも・・・・・



たとえば

エンジンをかけようとキーを回しても・・・



しーん(・_・;)


エンジンがかからない・・・




そんな時はチェンジレバーを見てみましょう

チェンジレバーの位置が[P]か[N]になっていますか?


AT車はチェンジレバーの位置が

[P]か[N]以外ではエンジンがかからない仕組みになっています


AT車にはクリープ現象があります


クリープ現象とはAT車特有の動きで

エンジンがかかっている状態で

チェンジレバーを [P]か[N]以外の場所に入れているとき

ブレーキを放すだけで車がひとりでに動くことをいいます


[D]や[R]などでエンジンをかけてブレーキを踏んでなかったら

AT車は勝手に動いてしまいます

危ないですよね

だからエンジンがかからないようになっています



   私は1度これで失敗したことがあります

   彼女を家まで送ったときです

   ちょっと車の中で話そうとエンジンを切りました

   「さぁ、帰ろう!」とエンジンをかけるためキーを回しますが

   エンジンがかからない!!!  @0@;

   当時初心者マークだった私・・・

   かなりあせりました




チェンジレバーを[D]のままでエンジンを切っていたんです

[D]のままエンジンをかけようとしていたんですね


そりゃ、かからないですよ


あなたも気をつけてくださいね

彼女が隣にいるとかなりはずかしいですよ^^;



次は


[P]の位置でエンジンをかけて

チェンジレバーを動かそうと思ったら・・・



カチカチッ(・_・;)

チェンジレバーのボタンが押せない・・・・・




そんなときは足元を見てみてください

ブレーキペダルを踏んでいますか?


ブレーキを踏んでいないとチェンジレバーボタンが押せなくなっています


車によっては

横にずらしたり手前に引っ張るチェンジレバーもありますが同じことです

横にずらせないまたは手前に引っ張れなくなっています



チェンジレバーを[P]から動かそうとする時は

ブレーキペダルを踏まないと動かないようになっています

これをシフトロックといいます


じゃあ、車が故障してしまったら車を動かせないのか・・・・

そんなことはないです

シフトロックの解除ボタンがついてます

エンジンがかかっていない状態でもロックを解除できます


解除のボタンは車によって違います

ロックの解除の仕方も車によって違いますので

車の取り扱い説明書を見てみてくださいね


エンジンがかからない車を動かすときには

シフトロックを解除して

チェンジレバーを[N}にしてくださいね



教習所ではエンジンをかけるまで手順が決まっています

手順どおりしていると

この安全装置は気がつきません

教習所では安全を当たり前として教えてくれるので

手順の中で安全装置をはずすように教えてくれます

手順どおりすれば間違いはありません

ただ、安全装置についての説明を省いたりするのです

外れているのが当たり前だから



もしAT車を動かそうとして動かなかったら

安全装置を確認してくださいね