本文へスキップ

運転が苦手、運転が上手くなりたい、初めて車を運転するあなたのためのサイトです

雨の日の安全運転の仕方運転上達のコツ

雨の日の運転


雨の日は車があってよかったなぁとすごく思います^^


だって濡れずに移動できるんですよ

うちは小さな子供がいるので買い物に行くのも楽です

雨でも車だと移動が楽に出来るからいいですよね







しかし雨の日の運転は

なかなかやっかいですよね

視界が悪いし、路面も滑りやすいです


歩いている人や自転車に乗っている人も

傘で視界が悪かったり雨の音などで

車の存在に気づかずに出てきたりなかなかやっかいです



スピードは落として走る




だから雨の日はまずスピードは落として走る


路面が濡れていて滑りやすいからです


晴れている日よりも雨の日の方が

ブレーキを踏んでから停まるまでの距離が長くなります


急ハンドルや急ブレーキなどをしなくてもいい

運転をしなくてはいけません


それに視界も悪いですよね

道路の状況もわかりにくいです


水溜りがあるとか工事用の鉄板が引いてないかなどの

道路の状況がわかりにくいです


特に工事用の鉄板の上で急ブレーキなんて踏んだら

大変なことになりますよ!!!



雨の日の夜だと車線すらわからなくなりますね

あなただけでなく周りの車も視界が悪くなってます

周りの状況や道路の状況をよく把握するためにも

スピードを落としましょう


あと車間距離も十分にとりましょうね


 昼間でもライトを点ける




次に追突などされないために昼間でもライトを点けましょう


車の水しぶきなどで車の存在がわかりにくくなります

ライトをつけて自分の存在をアピールして追突されるのを防ぎます

自己防衛運転ですね



 歩行者や自転車にも気配りを



最後に歩行者などにも気を配りましょう

車が水溜りに入って水をかけられた事ないですか?


私は何回もあります

めっちゃ腹が立ちますよね!!!


できるだけ歩行者に迷惑をかけないような運転をします


歩行者がいる場合は

水溜りをさけるか、水をはねないように徐行してあげましょう!



雨でも事故をしないされない運転を!

運転はいつも以上に気をつけてください